記念日

今日、2月23日は私の修了日です。

今日で26年経ちました!

明日から27年目に突入!!

なんだか不思議です。

毎年この日を迎えるたびに思うことですが、この26年間、私よりずっと霊的な人や、私よりずっと華々しい人や、私よりずっと先生に近いように見えた人が数多くいなくなっていて、この私が残っているということが奇跡だな~と。

ここまで来たら、必ず結末まで見届けたい!という思いが強いです。

若い頃から今までずっと浮気しないで先生についてきたのに今更出る気なんてありません。

これからも、永遠に、主と共に神様の世界で生きられますように。。。ハートきらきら

皮膚の神秘

今朝、朝ごはんに納豆食べたんです。

それで、食器洗いをするとき、納豆のぬめりをそのままスポンジに当てるとぬめりがスポンジにつくからいやだな~と思って、なんとなく、水で流しながら指である程度ぬめりを取ってからスポンジで洗ったんです。

そんな行動をとりながら、ふと、人間の皮膚ってすごいな~という感動が。

皮膚って、汚れを水洗いすれば簡単に落ちますよね。

納豆のぬめりなんかはすぐに落ちます。

少なくとも、石鹸使えばどんな汚れもほぼ落ちます。

布とかスポンジってそういうわけにもいきません。

落ちない汚れもあるし、すぐに落とさないと泥なども落ち切らなくなります。

だから、雑巾もだんだん黒ずんできて、しまいには捨ててしまいます。

汚れが落ちないだけではなく、洗い続けると布がダメになってしまいます。

一方、皮膚は一生の間、100年洗い続けて綺麗を保ち、ダメになりません。

やはり、神様の創造物は人間には作り出せませんね。