ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。

練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。

その曲はベートーベンのピアノソナタ「悲愴」。

これを初めて弾いた時中学生だったんですが、その時ピアノの先生から「あなたの悲愴は明るい悲愴ね(笑)。」と言われ、帰ってきてそれを母に伝えたら「本当にそうね(笑)」と言われました。

別にその言葉に傷ついたとかショックだったとかは全くなく、多分そうだろうな、と自分でも納得してしまったんですが、同時に、なんとなくベートーベンに対して苦手意識が入ったのも事実です。

実際、私はもうちょっと軽めの雰囲気の曲の方が得意だったんです。重々しい曲は、多分性格に合ってなかったんでしょう(笑)。

でも、先日ベートーベンのことが話題になり、当時のことを思い出したらなんだか「悲愴」が弾きたくなりました。

久しぶりに弾いたので練習が必要でしたが、思ったより結構覚えてました。自分でもびっくり。頭より指が覚えてる感じでした。

さすがに今は中学生の時よりあれこれ経験したから、もっと違う感じで弾いてるつもりですが聞く人はどう感じるのかな。まだ明るい悲愴かな(笑)。まぁ、でも私にはそれはどうでもよいことなんです。

プロの演奏家は人に聞いてもらって感動してもらうことが仕事だと思うんですが、私はそうじゃなくて、部屋を閉め切って誰も聞いてない状態で完全に自分の世界に入り込んで弾くのが好きなんです。

私は職業柄か、意外と感情を思いっきり表に出すことがないんですね。出してるようで出してないというか。。。

でも、ピアノを弾くときは無言ではありますが、思いっきり感情を出しているんです。そういう時は人に聞かせたいとも見せたいとも思ってません。

お祈りの時間も神様との対話の時間だけど、ピアノを思いっきり感情込めて弾く時間も私と神様だけの時間です。

無言で私の思いをぶつける時間。私なりの神様との対話の手段の一つです。

現代人こそ霊感を!

ここ数年、「観測史上初」とか、「予想外」「想定外」など、そういう言葉と共に起きる事故が多いな、と感じています。

また、人員的なミスだとしても、「前例」又は「慣例」に従ってした結果だったり・・だから仕方がなかったと。

もし、自分がその場にいたらどうだったのだろう?と思うと、うまくやっていたとは言えないし、自信もないけれど、ただ言えることは、現代人は情報に頼りすぎているんじゃないのかな、ということ。

私自身も、天気予報マニアで必ず天気予報をチェックするんですが、外に出る時、「ちょっと寒いな」とか「雨が降りそう」と思っても、「天気予報では暖かくなると言ってたし」「今日の降水確率は低いから大丈夫なはず」などと考えて行動した結果、後悔することになったことが何度かあります。

その度に、「寒いな」とか「雨が降りそう」と思った感覚を無視しなければよかったと思うんですね。

神様は私たちに「霊感」というものを与えて事前に知らせてくださいます。一般的には第六感というのかな。

もっと分かりやすく言えば、予感、気配、虫の知らせ、〇〇な気がする‥など。こういう感覚って実はとても大事です。

経験に基づく情報はとても大事だし、迷ったとき頼りになることも事実ですが、その時、その瞬間の霊感を無視してはいけないと思うんです。

同じ花を見ても、いつもは何も感じないのに、その瞬間何かが思い出されたりすることだってあります。以前、私は花を見て急にその日が母の誕生日だったことを思い出したことがあります。

こういうことって理屈じゃないんですよね。その花と母は何の関係もないので。

情報があふれ、なんでもデータが揃っている現代だからこそ陥る落とし穴がある気がするのです。

現代人こそ、霊感を鍛えて神様のメッセージを受け取らないと。それが九死に一生を得る場合もありますから。

神様が下さった自然万物に心を配り、お祈りして黙想してみる。情報が多い時代だからこそこういうことが必要だな、と思うんです。