パワハラが過去最高?

統計によると、去年、パワハラに関する相談が過去最高だったそうです。

パワハラって嫌ですよね~。やられる方は。

ただ、正直、去年がパワハラ相談が過去最高だったと言っても、実際は昔の方がよっぽどパワハラが多かったんじゃないかな?と思ったんです。

私の大学卒業当時には「パワハラ」という言葉も「セクハラ」という言葉も存在しませんでした。

その頃はちょうどバブル期の最後の方で、男女雇用機会均等法が施行されてからようやく世の中でも女性の社会進出が認知され始めたころです。

そういう法律がわざわざ制定されたということは、それまでは男女で機会が均等じゃなかったという事ですし、会社のお偉いさんたちが絶対権力を握っていた全盛期だったのかもしれません。

つまり、会社の偉いおじさんたちには絶対に逆らえない時代だったということ。逆に言うと、従うのが当然という認識だった時代。

よく考えてみたら、自分の父親も、今の基準なら十分「セクハラ」認定されるような発言を家で連発してましたし(汗)、母に対しても子供たちに対しても思いっきりパワハラでした。

昔の人にとっては『それが普通』だったのでしょう。

でも、今は『それが普通』じゃないわけです。今まで大丈夫だったことも今では大丈夫じゃないんですね。

だからこそ、おじさんたちは「どうして?これくらい普通なのに?」と事態を理解できず、「今の人たちは弱いから」という認識になっちゃうんだと思います。

自分たちもそうされてきた、いや、もっとひどいことをされてきたけど頑張ってきた、という自負心があるからこそ、自分を「パワハラだ」と訴える人たちを受け入れられないし、理解できないのでしょう。

確かに、現代人は弱いと思いますよ。戦前戦後を生き抜いた親世代の人たちに比べたら当然弱いと思います。

でも、仕方ないですよね?同じ体験なんてできないんです。したくもないし。

だから、「現在そうである」という現状を受け入れて認識しないといけないんだと思うんです。

私自身も、今のいわゆる「スマホ世代」とは違う認識観だと思います。私の子供時代も、まだ根性主義が残っていたころでしたから、若い人を見て、根性ないな~と思ってしまうことは正直ありますが、だからといって私が「根性をつけさせないと!」と思うことは間違っているんだと思います。

教会の中を考えてみても、私が新入生のころと今は目指すところは同じでも雰囲気がだいぶ違っています。昔は指導者に厳しくされたら「ありがとうございます。感謝します。」と言わなければいけませんでした。指導者に不満を言うとかありえなかった。。。(^^;

時代の流れで、文明の利器も発達し、生活スタイルも変わり、受ける教育も変わり、当然人々の思想や感じ方も変わってきます。

この世は全て変化しています。

だからこそ、自分の中身も変わっていかないと、事態をいつまでも理解できないパワハラおやじと同じになってしまうな~と思いました。

勿論時代に流されろ、という意味じゃありませんよ。でも、現状を受け入れてその時その時最善の状態に持っていくのが知恵あることだなと。

中身の変化、認識観の変化、これが一番難しいけど大事ですね。

参考記事☞ パワハラ相談 7.2万件過去最多

由々しき事態が。。。

一瞬、いつの時代のニュースかと目を疑うような記事が!!

なんと、現代日本で梅毒患者が増加しているのだそうです!しかも若い女性に!

私自身、梅毒という病気は性や衛生に関する知識が乏しかった昔の病気かと思っていたので、ちょっとびっくりしました。

感染源は、現代だからと言って特別な現代特有の原因があるわけではなく、昔から同じ「性行為」。つまり「堕落」が原因です!

口でも感染するそうです。

梅毒は感染しても症状が消えたりすることもあるらしく、そのせいで発見が遅れることが多いそうです。

最終段階まで行くと、骨や筋肉にも腫瘍ができ、最悪脳神経もやられるらしいです。つまり、廃人になるという事。

昔より衛生状態や医療が発達した現代にこの梅毒が増えているという事は、ウラでかなり乱れているという事だと思います。

しかもこれが発展途上国ではなく、現代の日本の現実です!

こういう病気は、正直、裁きの一つだと思うんです。

メディアが美しく描いているドラマに騙されてはいけません。もしかしたら無知から来る勘違いで勝手にロマンティックに浸っている若い女性が増えているのかもしれませんね。でも全て妄想ですから。

いろんな人と付き合って経験を積むことが決してカッコいいことじゃない。むしろ、一生を台無しにする可能性のある恐ろしい事だ、という事を認識しないといけません。

堕落論は理論上の話じゃなくて、ただの理想でもなくて、実態です!!

霊も肉も安全に生きるためには、やはり神様のみことば通りに生きることが一番ですね。

情報源☞ 梅毒患者、増加の一途