読書の時間

最近、画面の見過ぎか、あまり目の調子が良くないな~と思い、少しだけ、画面を見ることを避ける生活をしているところです。

気付いたら、スマホとタブレットを持ち歩くのが習慣になっていましたし、使命だからという大義名分はあるにしろ、結構な時間、PCの画面を見ている自分を認識したんですね。

そこでまずは、タブレットを持ち歩くのをやめました。今月の初め頃から。

その代わり、新書とか文庫本とか、本を持ち歩くようにしたんです。

考えてみれば、以前はいつもそうしていたんですよね~。携帯の無い時代は。信仰生活をするようになってからは、よく聖書を持ち歩いて電車の中でも堂々と聖書を開いて読んでいましたし、主日は礼拝の帰りの電車の中で説教を書きとったノートを読んで復習していました。

実は私、自分で言うのもなんですが、趣味に「読書」と書けるくらい元々読書好きなんです。でも最近ではすっかりウェブサイトの文章しか読まなくなっていました。

明け方の礼拝のみことばとか、啓示などをスマホで見れるのは便利だし、スマホやタブレットが必要ないとは思いません。今の時代、救いのためには必要ですよね。

ただ、何事も一長一短あります。特に一般の文章を読む場合。

ウェブサイトの文章は基本的に短く、時の話題が多いですよね。パッと情報を得るには良いと思います。

一方、本は一冊読むとなると、パッとは全部読めないし、それなりにじっくり時間をかけないと最後まで読み切れません。

久しぶりに本を読んでみて、この「じっくり読む」という事が最近少なかったな~と思ったんです。

本を出している人がみんな文章がうまいというわけじゃないとは思いますが、それなりに売れている人や有名な著者だったりすると、文章に説得力がありますし、一つの事柄について、様々な角度からじっくり読み、じっくり考えることができます。

今は素人でもユーチューバーとして動画をアップして芸能人並みの人気を博している人もいる時代です。

誰でも挑戦できる!知識がなくてもコネがなくても若者でもチャンスがある!という点で今の時代は良い時代だとは思いますが、逆にプロの味わいも恋しくなりますね。私の年代だからそう思うのかもしれませんが。

やはりどうしても、ノリがよくて、インパクト重視のものが多いと感じてしまいます。

だから、プロの文筆家の文章を読んだりするのもたまには良いな~と思いました。

つまり。。。何が言いたかったかというと。。タブレットを見る代わりに本やみことばノートを読むようにしたら、思った以上に心が充実した感じになった、ということです。

元々読書好きということもあって、2冊はあっという間に読んでしまいました。今、今月3冊目に入っていますが、これはこれでハマりすぎると良くないので(苦笑)読書もほどほどにしようとは思っています。

今の時代だからこそ、時には「じっくり」という時間も必要なのかもしれませんね。

鍛えるにも時がある!

台風の接近で大雨の被害が心配ですが、その代わり猛暑が和らいでいますね。何事にも一長一短があるのだなと改めて感じます。

ところで、今年の異常な猛暑で熱中症が深刻な問題になってますが、これを受けて、小中学校のエアコン設置等についての様々な記事が上がっています。おおよそ旧時代からの根強い根性論と現実との対立の記事ですね。

その他、最近では猛暑の中、女子生徒が生理でプールに入れない時マラソンや陸上の運動をさせられる事に対する批判記事なども目にするようになりました。

実際、気象庁が注意喚起まで呼びかける事態なのに、屋外で運動させたり、エアコンのないサウナのような室内に長時間居させるなんてナンセンスですよね。どう考えても根性だけで対処できるレベルじゃありません。

ではなぜ日本にはいまだにこういう現状があるんでしょうか?

あくまでも私見ですが、多分、「我慢できないのは弱虫」「休むことは怠惰」という思想が今決定権を持っている大人世代の根底にあるんじゃないのかと思うんです。

私自身も、根性論を全否定はしません。根性も我慢も必要な時がありますから。

ただ、私が思うに、根性を鍛えるのは(根性だけじゃなくて身体を鍛えることも)健康で状態が良い時にすべきであって、具合が悪い時にするもんじゃないと思うんです。

具合が悪い時にも頑張ることが精神力があって素晴らしいのではなく、具合が悪くならないように日ごろ鍛えるのが望ましいということであって、一旦具合が悪くなったら治すことに専念しなくては!

特に、私は女性ですから、生理中にプールに入れないからマラソンさせるとか、そんな記事を見ると体育教師たちは頭おかしいのでは?と思ってしまいます。病気じゃないのにただ休むなんて、という考えなんですよね、きっと。男性の教師は生理痛の苦痛を分かってないんです。

とは言っても、かくいう私自身、元々はものすごく根性主義者でした。まさしく「部活中は水飲むな」の世代ですから。(苦笑)

実際、根性があったからこそ今まで教会の指導者として頑張ってこれたし、それなりに実績も立てさせてもらったとは思いますが、反面、40代になってから著しく健康を害してしまいました。元々ものすごく身体が丈夫だったのに。。。

根性主義の怖い所は、具合が悪くてもそれが「自分の根性・精神力が足りないせいだ」と思い込んで無理することです。しかも、無理しているという自覚は全くなく、それくらい当然、と思っているんです。そもそもの基準がおかしいんです。それで異変には気付いていながらも自分で異常事態だと認識できず対処が遅れてしまうんですね。

自分の痛い経験から、何事も、根性を出すことにも『時』があるという事を実感しました。

伝道の書の「すべての事に時がある」という聖句は知ってましたが、知識として知るのと経験して実感するのとでは大きな違いがあります。

先にも書いたとおり、私は根性が必要ないとは思いません。でも休む時は休み、治す時は治さないと。

気象庁が注意喚起を呼びかける様な状況や、自分の状態が悪い時は明らかに「鍛える時」「頑張る時」ではありません。

時をうまく見分けて、自分自身を鍛え、強く美しく創っていきたいですね!

参考1☞ 「生理でプール見学の子は校庭10周」指導が女子生徒を壊す

参考2☞ 子供の熱中症死を続出させる「根性大国ニッポン」の狂気