ブラックな働き方?

職人を育てる徒弟制度はブラックか?という記事がありました。

技術を必要とする職人の業界では新人が技術獲得のため長時間労働をするのは当然という認識のようで、労働実態だけを見れば今の時代では明らかにブラック。

しかし親方サイドでは、自分の時はもっと厳しかった、このくらいやらないと技術は身に付かない、ということらしいです。

労働時間を遵守していると一人前の技術を身につけられない、とする親方側の考えと、無理やり居残りさせられている、サービス残業なんてやってられない、と考える労働者側の認識の違いによって起こっている問題だと思います。

徒弟制度についてはよく知りませんが、とにかく何事も難しい世の中になってるなと思いました。

その記事を見ながら、ふと、自分自身の事を振り返ってみました。今ではなく、牧会していたころ。特に牧会駆け出しのころ。

労働基準法に則れば、私は明らかに違法なほど長時間労働をしていました。特に牧会駆け出しのころは、今よりももっと準備に時間がかかったし、今よりももっと教会の人たち個人個人と密接な関係だったから、個人的に会う時間も多かったし、今ではやらないみんなの食事作りとかあれこれやることも多かったんです。

正直、食事作りやスポーツの後のおやつ配りなどは牧会者がしなければいけない仕事じゃありませんよね。でも当時は違和感を感じるどころか、むしろしてあげたくて率先してしていました。

自分の時間なんてほぼゼロでした。

なので、時には疲れて大変だなと感じたことはありましたが、ブラックだとは思いませんでしたよ。まぁ、神様の仕事ですから、世の中の仕事と同一視はできませんが。もちろん、当時は若かったからできたことです。今同じことはできません。(苦笑)

当時どういう思いだったかというと、「私がいないとこの子たちは生きていけないんだ!」くらいに思ってたんです。今考えると笑っちゃいますよね。相手はもう子供ではなく大学生なのに。恐らくこの思いは聖霊の感動によるものでしょう。

でも、もし、当時「やらされている」という認識だったら、私も辛くなってやめていたと思います。

だから、どんな仕事でも使命でも、自ら能動的にやっているのか、受け身や義務感・責任感だけでやっているのかで感じ方が違ってくるのではないでしょうか。

もちろん、昔の方がよかったなんて思いませんし、労働環境をよりよくして働きやすくすることはとても良いことだと思います。

ただ、「昔と今は違う」という言葉が、物事に取り組む姿勢や精神にも当てはまってしまったら大変なことになるな~と思いました。

信仰の世界では、主への愛が変わってしまったら全てが終わってしまうように、社会の中でも変わってはいけない大切なものがありますね。

情報源→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010000-nishinp-soci&p=1

投稿者:

クララ

キリスト教福音宣教会牧師 ・東京都在住 ・O型 ・おうし座 ・趣味:ピアノ

良かったらコメントお願いします

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください