人類への貢献

先日、ノーベル医学生理学賞を日本人の本庶佑氏が受賞したとのニュースが舞い込みました!本当に素晴らしいですね!!

私は自然科学分野に関しては素人なので詳しいことはよくわかりませんが、いろいろな記事を読んでみたところ、この教授の研究は、癌治療にかなり革命的な貢献をしているという事が分かりました。

実際に、この研究と共に開発された「オプジーボ」という抗がん剤によって命が救われた人たちから、日本のみならず、海外からも多くの感謝や喜びの声が続々と届けられているようです!

私はこのノーベル賞のニュースを見るまでは、失礼ながら本庶佑氏という方も知りませんでしたし、そんな偉大な研究が日本でおこなわれているという事も知りませんでした。

人はついつい自分に直接的に良くしてくれる存在にばかり心が動きます。

しかし、こうして見えない所で地道に研究し続け、人類に大きな貢献をしてくれる存在によって受ける恩恵というものがあまりにも大きいな~と思いました。

よく考えてみたら、電気や様々な文明の利器、薬、建築物等、見えない所で研究してくれた人々がいたからこそ、その恩恵にあずかってるわけです。私たちはその人々の名前を知ることもなく当たり前のように使っています。

大きな恩恵ほど目の前では見えにくいですね。

私たちは常に、見えない所で人類に大きな貢献してくれている存在があるという事と、またそれに対する感謝を忘れてはいけませんね。

参考☞ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00000121-mai-sctch