どっちを見る?

面白い記事を見ました。漫画家の加藤マユミさんという方の話です。

家族団らん中、お母様が孫と遊びながら「今のうちにたくさん家族写真を撮っておいた方が良いよ」とアドバイスをしてくださったそうです。

それに対し「最近老けてきたからあまり写真に写りたくないな~」と言ったら・・・

『あんたアホか!残りの人生で今この時が常に一番若いんだよ‼』

と言われたそうです!

確かに。。。その通りです。(笑)

この言葉って、常に未来を見ている言葉ですね。

今を起点にして過去を見たら、今が一番老けています。でも、今を起点に未来を見たら今が一番若いです。

同じ「今」だけど、どちらの方向を向くかで考え方が変わるのだな、と思いました。

残りの人生を「もう老けた」と嘆きながら生きるのか、「今が一番若い!」と思って生きるのか。

どうせ同じ時間を過ごすなら、希望的な考え方をした方が自分の人生ににとって良いですよね。

過去はなかったことにはできないけれど、過去を踏まえ、未来へ向かって希望的な考えで「今」を精一杯生きていくべきだなと改めて思いました。

情報源☞ https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181009-45127534-otakuma

投稿者:

クララ

キリスト教福音宣教会牧師 ・東京都在住 ・O型 ・おうし座 ・趣味:ピアノ

良かったらコメントお願いします

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください