勇気ある行い

男子高校生が橋から飛び降りようとしていた40代女性を助けた、という記事を見ました。

この男子生徒は自転車で走行中、橋の上に立っている女性を見かけ、一度は通り過ぎたものの、様子がおかしいと思い引き返すとすでに橋から身を乗り出しており、駆け付けて女性の身体を抑えたそうです。そしてたまたま通りかかった夫婦にも協力を呼び掛け、結局3人がかりで自殺を食い止めたということです。

これを受け、警察署はこの3人に感謝状を贈ったということでした。

このような行動は本当に賞賛に値する行動だと思います。

今は逆切れされたり良かれと思ってやったことも迷惑がられかねない時代。保身に回って当たり障りなく生きていこうという風潮が蔓延している中、たとえ「様子がおかしい」と思っても「気のせいだ」と自分に言い聞かせ、見ないふりをして通り過ぎてしまう人の方が多いのではないでしょうか?

実際、何も知らない第三者が見たら、男子高校生が女性を抑えているという光景はいかがわしいものに見えてしまう可能性もあります。

そんな世の中の風潮にもかかわらず「様子がおかしい」と思って即実行に移したこの高校生は本当に素晴らしいと思います。

きっと、神様がこの高校生の心に強力に働きかけられたのだと思われます。でも、いくら神様が働きかけてもこの高校生が「様子がおかしい。助けなきゃ。でも・・・分かるけど。。どう思われるだろう??」などと考えてしまったらこの結果は得られなかったでしょう。

記事のコメント欄には、自殺しようとする人を助けたことについて様々な意見がありました。助けたことは立派だけど、その人にとっては良かったことだったのか?など。

死後の世界まで学んだ私から見れば、自殺を食い止めたことは100%良かったと断言できます!自殺者の行く霊界がとても恐ろしい所だからです。

だから、このような行いは世の中のニュースではあまり大きくは取り上げられないようなものですが、神様はとても大きく見て喜ばれているでしょう。

わざわざ人目を惹くようなことをすることも勇気があることかもしれませんが、このように人の命を救う行為が真の勇気ある行いだと思います!

日ごろからお互いの命を愛し、大切にし、いざという時は命のために勇敢な行動をとれる人になりたいですね。

「おかしい」引き返し女性の命救う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00010002-soon-l09

いくつになっても!

最近ある知人から聞いた話です。

私の知人の知人(複雑ですみません)が飲食店の厨房で働いているそうなんですが、最近、そこの洗い場(お客さんの使った食器を洗うところ)に72歳のパートさんが新人として入ってきたそうです。

それを聞いた私の知人が「72歳なんて、会社も良く雇ったね~!」と驚いて言ったら、「でも、その人よくやってくれるんだよね~。やっぱり元気でやりたくて入ってくる人はよくやってくれるね。」と言っていたそうです。

この話を聞いて私も心を動かされました。

まずは、72歳で応募したその方の勇気と行動力が凄いな~と思いました。というのは、私でも、ものによっては年齢を考えて少々気後れしてしまうこともあるからです。

この72歳の方がどうして働き始めたのかはわかりません。力を持て余していたのか、それとも必要に迫られていたのか。でも、どちらだとしても事実としては、72歳で応募して採用された、という事です。

改めて、人は自分の考えで自分を前進させることも縛ることもするんだなと考えさせられました。何歳になっても行動を起こしてみる、ということが大事ですね。

それと、70代でも働く、というスタイルは今の時に合っているのだな、という事も感じました。今飲食店は深刻な人手不足だという事はニュースでよく目にしますし、高齢化社会で医療費の国家予算もままならないということもよく聞きます。

それなら、いくら年を取っていても元気な人をわざわざ家に閉じ込めて衰弱させる必要はないわけですよね。まだ元気で働きたいという人は働いていた方が本人も活躍できて良いし、店にとっても国にも良いわけです。(働けない人を無理矢理働かせるという事ではありません。)

時代に合った行動は良い結果を生みますね。

本気で人生100年と考えるなら50歳で半分。まだ残り50年あります。50代60代ならまだ後半戦が始まったばかり。私などはまだまだ気後れしている場合じゃありません。私自身がまずは年齢に関する概念を変えないといけないと思いました。

聖書にモーセが亡くなった時のことがサラッと書かれているのですが、そこには『モーセは死んだ時、120歳であったが、目はかすまず、気力は衰えていなかった。』(申命記34:7)とあります。

年齢の数え方は今とは違うでしょうけれど、とにかく高齢に達して亡くなる時までちゃんと見て、精神もしっかりしていたということです。私も生涯を終える時はそうありたいな、と思いました。

神様が自分に下さったこの世の人生を、最後まで輝かしく生きていきたいですね。