大豆と小豆の疑問

突然ですが。。節分の日に撒く豆の大豆。

私は子供のころから素朴な疑問を持っていたんです。大豆と小豆について。どっちも大して大きさは変わらないのにどうしてダイズは大豆でアズキは小豆なんだろう??と。

もっというと、花豆とか金時豆とかの方がダイズよりずっと大きいのにどうしてダイズは大豆なんだろう??と。

今日、偶然にもその疑問が解ける記事を発見しました!

結論から言うと、大豆の『大』の字は「大きい」という意味ではなく「大いなる」という意味なのだそうです!つまり、ダイズは大いなる偉大な豆、ということ!

確かに大豆は栄養価も高いですし、味噌とか豆腐とか、日本の伝統的な食材に欠かせない原料ですから昔から大いなる偉大な豆とされていたのでしょうね。

ということは、小豆は大したことないという意味??粒あん好きの私としては納得いかないな。。小豆だって栄養あるのに。。と不満を抱くところでしたが、小豆に関しては由来が諸説あり、未だにハッキリしないのだそうです。

実は、小豆は「古事記」にも登場するくらい、かなり昔から日本になじんだ食材だったようですよ。

とりあえず、アズキは「大いなる豆」の反対の意味で「小豆」となったわけではないようです。(^^)

長年の疑問だった「ダイズが大豆である理由」は、分かってみたらそんなに難しいことでもなく、漢字の意味をもう一つ考えたらわかることでした。

『大』=『大きい』とだけ思っていると考えがそこから抜け出せませんね。

今回はわざわざ調べたわけでもなく、偶然目にした記事を読んで分かったことですが、恐らくちょっと調べたらすぐにわかるであろうことでした。

どんなに小さな問題でも放置しておいたら何十年も解けないままですね。(^^;

「大豆」について調べたら「小豆」の方が気になった件

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180331-26800870-netallicaq

建国記念の日

今日は建国記念日ですね!

毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみました!

(以下、ウィキペデイアより)

日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。
当時に在位中の昭和天皇は第124代天皇とされ、2月11日は、日本神話の登場人物であり、古事記日本書紀で初代天皇とされる神武天皇即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり[2]、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。
1873年明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり[3]翌年から適用されたが、
第二次世界大戦後の1948年昭和23年)に占領軍 (GHQ)の日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化するという[要出典]意向で廃止された。
その後、復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、1966年(昭和41年)に国民の祝日となり翌年から適用された。

核心的にいうと、初代天皇とされている神武天皇の即位日が現在の暦で2月11日に当たるということで、明治時代にその日を建国記念日に定めたのが始まりということですね。

しかし日本の敗戦後、GHQの政策で建国記念日は廃止され、1966年に復活して今に至る、ということです。

私が個人的に気になったのは、上記引用の後半に書かれている、GHQが建国記念日を廃止した理由が「日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化する」というところです。

ここ数年様々な資料を目にしたのですが、アメリカは日本人が団結することを本当に恐れていたようです。

そこで天皇制も廃止しようとしましたが、その理由は戦争の責任云々よりも(これは表向きの理由)、根本的な理由は「日本人が天皇を中心に団結することを阻止したい」ということだったようです。

つまり、それだけ日本人が恐ろしかったという事の裏返しでもあります。アメリカを脅かした存在だったからです。実際、それまでにアメリカに痛手を負わせたのは日本だけだったようです。だから二度と浮上しないようにしようとしたわけです。

しかし、諸事情により、天皇制は存続することになりました。

その代わり、戦後は徹底的に日本人が団結しないような工作が施されました。

天皇を尊敬しないようにする思想を蔓延させただけではなく、宗教に関しても「危ない」「おかしい」と思わせるような工作が施されたのです。宗教は人間を団結させる力があると見たからです。実際、オウム真理教などの危ないものがありましたが、あれは北朝鮮の工作機関だったことが分かっています。

本来、『宗教』というものはどんなものであれ、単純化して一言でいうと『良い行いをして天国に行きましょう』とか『日々感謝しましょう』というようなものだと思うんです。

そして、大抵の宗教はそういうものですが、ごく一部におかしなものが存在し(存在させ)、それを大々的に宣伝することで『群集心理は恐ろしい』という考えを植え付けていたと思われます。

そして今や個人主義全盛期と言っても過言ではありません。個人主義が絶対にいけないとか、団結さえしていれば個人はどうでも良いとは思いません。

しかし、はっきりと「日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化する」という理由で意図的に一度建国記念日が奪われた事実があるということは、日本人として覚えておかなければいけないのではないかと思いました。

私たち日本人が今平穏に暮らせるのは日本国という国があるからこそです。

旧約聖書には、国を失ったイスラエルの悲劇が書かれています(バビロン捕囚)。しかも、それ以来1000年以上イスラエルという国は失われたままだったのです。

私自身、今回調べてみて一度建国記念日が廃止されていたこととその理由を知ったのですが、自分の民族があり、自分の民族のための国家が存在することがどれほど感謝すべきことなのか考えさせられました。

建国記念の日の今日、みんなで民族のために祈る日にしたいですね。

(参考☞https://youtu.be/2sk23jbfM9U )