私のミスなのに。。

最近、私自身が「申し訳ないことしたな」と思った出来事がありました。

世の中の事なのですが、あることに関する明細書を受けとり、確認したところ、ちょっと変だなと思われる所があったので、担当者に確認しに行きました。

担当者は嫌な顔一つせず丁寧に調べてくれました。

その結果発覚したのは、そもそも私が書類を書き間違えていた、という事でした。(^^;

なのに担当者は、「私の確認ミスですみませんでした。完全にこちらのミスなので。」と逆に平謝りされてしまいました。

一応、その書類には確認の印が押されていたんですね。だから担当者側が「こちらのミス」と言っていたのだと思います。

でも、根本的にミスしたのは私なんです。だから本当は私のせいなんです。なのに、私のせいにせず逆に謝ってきたんですね。

もしここで「あなたが間違ったんだからこちらの責任ではない」という対応をされたら、私も「ちゃんと確認の印を押してあるのに何やってるんですか?本当に見たんですか?」とか言い返したかもしれませんよね。(^^;

そうなると争いになります。

でも今回はお互いに「すみませんでした」の応酬で(笑)、すべてが平和的に解決しました。

その結果、私自身も相手に悪感情を抱くことがなかったばかりでなく、私がミスしたからあの人の仕事を増やしてしまったな、私もこれからは気を付けないといけないな、と相手を思う気持ちと悔い改めの心が湧いてきました。

そして、きっと神様が望んでいらっしゃるのはこういう解決方法だなと思いました。

先に相手を責めるのではなく、先に自分が悔い改めて相手を尊重することが、結果的には相手にも悔い改めを促すことになり、全てが平和的に終わるのだなと痛切に感じた出来事でした。

今回、このような形でみことばを体験させてくださった神様に感謝します!

戻ってきた落とし物

今日は私のドジ話。

実は、一昨日、PASMO(ICカード)をなくしてしまったんです!

一昨日バスに乗って目的地に行き、夜帰るためにバスに乗ろうとしたときPASMOがないことに気付きました。ものすごく焦りましたが、とにかくそのバスが最終バスだったので乗らないといけなくてとりあえず小銭を用意して乗りました。

帰宅後、一応かばんをひっくり返して点検しましたが、やっぱりありません。

私はPASMOに都バスの定期も入れているのですが、先週都バスの定期を一か月更新したばかり。私にとってはかなりの損失になります。

どこで落としたんだろう??とか、なぜ気付かなかったんだろう??とか、あれこれ考えて意気消沈していました。

夜遅かったのにしばらく呆然として何も手に尽きませんでした。

が、ふと「心配事は心配することで解決しない」という先生の言葉が思い浮かび、こういう場合は嘆くだけじゃなくて何をすべきかを考えないといけない、と頭を切り替えました。

どこで落としたかはわからないけれど、とりあえず、その定期を使って都バスに乗ったことまでは確実なので、まずは都バスに届を出そうと思い、ネットで届け出る連絡先を調べてからその日は寝ました。

翌朝、朝一番で前日調べた連絡先に問い合わせたら、何時の、どこ行きのバスかなど詳しく聞かれ、一旦電話を切りました。

約一時間後、都の交通局から『あった』という連絡がありました!そして保管しているところの連絡先を教えてくれて、ここから先はそこと直接やり取りしてほしいと言われました。

そこに連絡すると、なんと幸いなことに、保管されている場所が自宅から自転車で行ける距離のところだったという事が判明!すぐに取りに行き、無事にPASMOは手元に戻りました!本当に良かったです!!

今回、嘆きたくなるようなことが起きた時ほど冷静に行動しないといけない、という事を実感しました。

嘆いていたり後悔したりしていた時は、何も手につかず、嘆きがもっと大きくなるだけだったんですね。嘆きや後悔は問題解決になりません。

今回は結果オーライでしたが、年末の忙しいこの時期、皆さんも落とし物には気を付けてくださいね。