私たちにできること。。。

最近、児童虐待について、痛ましい事件がありましたね。もうそれに関する新たな情報を見るのが辛くなるほど痛ましいです。こういうニュースが絶えないのは本当に残念でなりません。

こう言う事件が起こると、必ずと言っていいほど、①虐待した親を非難し、②行政の対応を非難し、③命を奪われた子供に同情を寄せる、というのがお決まりの反応です。

そして、これが何年も前から繰り返されているような気がします。

でも、非難し、同情するだけでは何も変わりません。

とはいうものの、私たちは信仰の世界の人たちだから、行政的にあれこれはできません。でも、私達だからこそできることがあると思うんです。

霊的に考えると、虐待はサタンの主管を受けた人の行為です。サタンは人間に対する哀れみや同情心を一切持ち合わせておらず、人間が苦しむ姿を見て楽しむ存在です。特に罪のない子供を虐待するのは、正当な理由がありません。狂気の沙汰です。

そして、狂気の沙汰の事件が減らないという事は、いまだに日本の中でサタンが猛威を振るっているという事を意味します。だから、絶対にサタンを撲滅させることが必要です!

私たちは福音を伝える時や証する時、こういうことも、もっと真剣に話してもいいのではないかな、と思います。

つい、目の前の相手にいいことや、自己実現に関するようなことばかりをを言ってしまいがちなんですが、日本を変えたいと真剣に考えている人もいると思うんです。

思い起こせば、私が新入生の時、まだ草創期のころですが、先輩方からは、この福音は世界を変える福音だ、とか、今日本の現状がこの福音を必要としている、などの大きな証をされた記憶があります。

勿論、誰にでもヒットする証じゃないですけど、私たち自身も、もっと大きな視野を持ち、お決まりパターンの証から脱しないといけない気がします。

そして、証だけじゃなくて、私たちの信仰生活も、日本の問題を意識したものになっていくべきだと思うんです。先生も民族のために祈りなさいと常々おっしゃってますし。

実際、私たちの聞いているこの福音は個人的な小さなことだけのために存在するわけじゃありません。

私たちは、世の中の問題を霊的な方面から解決する人たちなんだ、という自負心をもって、この福音を述べ伝えていきたいですね。

 

何が安全?

ちょっと調べ物をしていたら、たまたま目に入った動画があり、見てみたら衝撃的な内容でした。

それは、一言で要約すると、ペットボトルの水はただの水道水、という内容。しかも、ペットボトルは石油で作られていて有害なため、味も水道水より落ちるし、ボトルの処理も困難で、地球にとても有害、というもの。

なぜこのようなことが行われているかというと、健康志向で炭酸飲料やジュース等の清涼飲料水の売り上げが落ちたため、企業が水を販売し始めたのだとか。しかも、ペットボトルのラベルにきれいな自然の絵などを貼ることにより、自然で健康に良いというイメージを作り上げたというのです。

その結果、ペットボトルの水は水道水の2000倍の値段になってるそうです。

ちょっと衝撃ですよね。

でもこれって本当?と思う人もいると思います。一方では「水道水は害だ」という情報もありますからね。

私自身はどうしているかというと、現在、ポット式の浄水器を使ってます。

私も元々は水道水は害だ、という情報を聞いていたんです。かといって、わざわざペットボトルの水を買うのも面倒だし、何より2リットルの水を買って家まで持ってくるのが重くてイヤ、ということもあって。

水道の蛇口につけるタイプの浄水器は、広い流しなら良いと思うんですが、私の家の流しは狭くてそれをつけるとちょっと不便。一応、蛇口には簡易的なろ過機はつけてますが、浄水器は大きくて邪魔。そこで、ポット式の浄水器を使い始めたんです。

冷水を飲みたいときやご飯を炊くときには使ってます。

まぁ、ちょっと話はそれましたが、何が言いたかったかというと、企業の印象操作に踊らされることなく、自分で確かめて納得したことをしないといけないな、という事です。

「印象操作」というものが、TVなどのメディアばかりではなく、日常の生活の中にまで入り込んでいるんだ、ということを認識しないといけないなと思ったんです。

考えてみれば、私が子供のころ、水を買うなんて考えられませんでした。水が店頭に出始めた時、水???なんで??と思った記憶があります。

やっぱり、「え??」と思う事には何かがあると思った方が良いかもしれません。勿論、自分の無知から来る勘違いもありますから、調べてみることも大事です。

何より、私達には、祈って答えをもらう、という方法があります。何事も、まずは自分で調べて確かめ、それでも迷う時は祈ってみる、つまり、責任分担を果たすことが大事ですね。

一応、参考までに動画を貼っておきます。興味のある方はどうぞ。