怖いのは霊?人間?

去年8月、東京青梅市で、いわゆる心霊スポット巡りをしていた少年らが暴行事件を起こし、ネットでは「祟りでは?」とか「幽霊より人間の方が怖い」などの悲鳴が相次いでいるそうです。

以下、事件概要。(記事抜粋)
『逮捕されたのは、昭島市に住む17歳の少年6人。少年らは、去年8月21日の午前4時半過ぎ、青梅市にある新吹上トンネル内の路上で、専門学校生6人の頭や顔を殴って全治2週間のけがをさせるなどした疑いがもたれている。
少年6人と専門学校生たちは別々で心霊スポット巡りをしていて、トンネル内で何らかのトラブルがあったとみられている。6人は容疑を認め、「なれなれしく手を振られたのでなめられたかと思った」などと供述しているという。

単なる暴行事件なのか、または他の要因があるのか。。記事でははっきりと結論は出していませんでしたが、私の個人的見解としては、本人たちの問題と、霊の影響との両方があるなと思いました。

事件現場は、心霊スポットというくらいですから、きっと多くの人が何らかの霊体験をしているのでしょう。私自身は霊体質じゃないのでそういう体験はありませんが、恐らく多くの霊が居る場所なのだと思います。

とは言っても、霊は誰でも彼でも憑くわけではありません。霊の世界は心情・波長の世界です。心情・波長がぴったり合わない人には憑くことができません。

逆に言うと、心情・波長がそこにいる霊とぴったり合ってしまうと憑かれる可能性が大という事になります。

暴行事件を起こした少年たちの供述を見ると「なれなれしく手を振られたのでなめられたと思った」と言っています。つまり、こういう思想・心情の持ち主たちだったという事です。

こういう思想で生きていた人の霊がそこにいればこの少年たちとは合うわけです。そういう霊の影響を受ければ、普段は歯止めが効く人たちだったとしても事件を起こしてしまい、犯罪者になってしまうことは十分にあり得ます。

心霊スポットにはどんな霊が居るかわかりません。少なくとも救われていない霊が居ると思われます。救われた霊は地上にはいないからです。どちらかというとあまり良くない霊がいると考えた方がよいでしょう。

そういう場所で、自分が少しでも良くない波長を出せば、すぐにそういう霊が寄ってきてしまいます。

心霊スポットに行くなら、自分の心情・波長を完璧に善にしてからじゃないと危険だという事ですね。

心霊スポット巡り中に少年6人が暴れ逮捕「憑りつかれた?」「幽霊より怖い」との声

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190122-92282630-sirabee

正しい知識を!

先日、札幌でスプレー缶爆発事故がありましたね。このような事故にもかかわらず、死者が出なかったのは不幸中の幸いでした。

ところで、この事故に関するニュースでは「なぜそんなことを?」「会社の責任は?」など事に焦点が当たっていますが、ある科学者が、そもそもスプレー缶というのはどういうものなのか、という事について話しています。

それによると、現在のスプレー缶というのは、一言でいうとガスボンベと同じだそうです。今回事故が起きた消臭スプレーだけでなく、ヘアースプレーなどの日常生活で普通に使うスプレー缶みんなそうなんだとか。

元々はフロンガスなどの不燃性のガスを使っていたそうなのですが、地球温暖化のためとか何とかで環境省がいろいろ禁止にしたため、結局可燃性のガスを使うしかなくなってしまったのだそうです。

つまり、スプレー缶に穴をあけるという行為は、可燃性ガスをチョロチョロ出す行為なので、わざとガス漏れをさせているようなもの。危険極まりないわけです。

自治体によっては「使い切ってから」捨てるという所もありますが、そもそも可燃性ガスなので、使うことそのものが危険ということです。その危険物を一般の店で売っていて、家庭で使って捨てていること自体が危ないということです。

なのに、こういうことをちゃんと国民に知らせていないのです。

結局、こういう事故が起こると、事故を起こした会社や社員に責任追及が行きますが、そもそもちゃんとした知識を教えない大元のところに問題があるのではないでしょうか?

こういう事故が神様の御心だったとは決して思いませんが、事故によって隠されていた事が明らかにされたので、それに関する正しい知識を身に付けるきっかけにするべきだと思いました。

この世ではいろんな人が様々な利害関係で生きています。特に方針がコロコロ変わるような類のものは、言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分で確認することが必要ですね。

ちなみに・・・余談ですが、私はこれをきっかけにできるだけスプレー缶は使わないようにしようと思いました。

正しい知識は武器になり、身を守ります!

特に、命に関わる知識は自ら積極的に得ようと務めることが大事ですね。