自分の都合だけで恩恵は受けられない

前回のユリの話題の続編です。

その後ユリがどうなったかというと。。。実はそんなに変化していないんです。

先週は毎日ユリの姿形が違っているほど勢いよくつぼみから開花に向かっていたのですが、ここにきて急にスピードダウンしてしまいました。

ユリの花四つのうち二つは開花していて二つはつぼみでしたが、開花した二つの花はずっと花が開いたまま持っているんです。それはいいとして、残りのつぼみの一つは少~しだけ開きかけていて、もう一つは全然開く気配もありません。

そこで昨日花瓶の水を替えて見たりしたのですがあまり効果がありませんでした。

どうしてだろう??と考えていたら、何となく寒さのせいではないか?という霊感が来たのでいろいろ調べてみたら、通常のユリの開花時期というのは5~7月だという事が分かりました。

今は11月下旬。家の中なので、外の気温よりは高く保たれていますが、このところ寒かった上に、この三日間ほぼ一日中外出して留守にしていたため、部屋の気温が一段と低くなってしまっていたようです。

そこでふと、以前カメを飼っている知人が真夏に「カメが死なないように外出中もずっと部屋のエアコンを付けっ放しにしている」と言っていたことを思い出しました。

それを聞いた時は「動物を飼うのも大変だな、私は電気代節約したいから無理だな。」くらいにしか思わなかったのですが、今回、植物を育てることも、生け花も同じことが言えるのかな、と思いました。

動物も植物も生きています。生きているものが存在している以上、存在できる状況を整えないといけないということです。

電気代を節約したいから多少寒くても着るもので調節、というのはあくまでも私の都合であって、ユリには酷なわけですよね。ユリのためには少し部屋の温度を上げないといけません。

つまり、命あるものと共にするなら自分の都合だけでは生きられないんだな、と思ったんです。

でも、その為に生きる時、自分も受ける恩恵があります。ありきたりの言葉ですが「give & take」です!

先週は毎日ユリから恵みを受けていましたが、続けて恵みを受けたければ今度は私がユリが生きれるようにしてあげないといけませんね。

専門家により復活!

以前、このブログでもお伝えしたことがありますが、数か月前から再びピアノを習い始めています。何十年ぶり??(笑)

学生時代のようには練習できませんが、マイペースで学んでいます。

それで先日、ピアノの発表会があったんです。出ようかどうか迷ったのですが、せっかくだから出てみたらどうかとピアノの先生に勧められ、本当に久しぶりに発表会というものに出させていただきました。

実は、ここ何年間かソロはやりたくなくて、伴奏と連弾しかやらないようにしていたので、クラシックのソロで10分程度の大曲を弾くのが本当に久しぶりでした。

なぜずっとやりたくなかったかというと、自分の演奏がしっくりこなかったからです。

なので、発表会の話が出た時は正直迷いました。でも、しっくりこない所から脱却するために習い始めたのだから、とにかく指導を受けながらやってみようと思い、出ることにしたのです。

その結果…今回出てみて本当に良かったです!久しぶりに本番でまともに弾けた気がします!

今回改めて思ったは、やはり専門家の指導を受けて臨むのと自分なりに練習するのは大違いだなという事です。

テクニック的なことばかりではなく、曲の中のそれぞれの部分でどういう音、どういう雰囲気が欲しいかなども学びましたし、私の弱点を見抜かれて(苦笑)こういう練習をしなさい、と練習方法まで教えていただきました。

さらに、本番前の数日間はこういう練習するようになど細かく指導していただきました。

そのせいか、本番は緊張しましたが、緊張した状態でもちゃんと弾けたんです!

本番って誰でも緊張します。一時期は緊張せずに弾くにはどうしたらいいのかな?と考えたこともありましたが、正直本番で全く緊張しないなんて不可能です。でも今回、緊張した状態でも弾けるように持っていく事が大事なんだと分かりました。

実はここ数年、以前のようには弾けないな~とピアノに関しては多少自信がなくなっていたところがあったのです。でもこうやってちゃんと専門家の指導を受ければ復活できるんだ!と自分に希望を見いだすことができました!

ただ自分なりに頑張ればよいのではありませんね。

今回は、神様がピアノを通してしるしを見せてくださった気がします。これと同じく、様々な事を復活させていきたいです!

本番終了後未香さんと