ひな祭りの由来

今日3月3日はひな祭りの日です。女の子のための伝統行事ですね!!

このひな祭りについて調べてみたら、面白いことが分かりました!

ひな祭りは以下の二つの事が合わさって始まったようです。

一つは中国から伝わる五節句の一つである「上巳の節句」。この節句には、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習があったそうです。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が誕生したそうです。

江戸時代になると、人形作りの技術が向上して、人形を川に流さず、家に飾るようになったそうで、これが現代のひな祭りの由来のようです。

つまり、元々ひな祭りは、自分の穢れをなくすための行事だったという事ですね~。驚きです!

綺麗なお雛様を眺めて癒されるのも悪くはないですが、こういう行事は本来の意味が受け継がれていった方が良いですね。勿論、実際には人形に自分の穢れが移るわけではありませんが。

せっかく本来の意味が分かったので、私も今日の日に、自分の罪を悔い改めて穢れを無くせるよう、また全世界の穢れが無くなるようにお祈りしたいと思います。