ご飯抜きダイエットには要注意!

「糖質制限ダイエット」って女性の間では一般的ですよね?よく聞くのが、ご飯やパンなどの炭水化物を抜くダイエット。

最近では、中年男性も健康診断で引っかかったりして糖質摂取を気にしている人が多いそうで、ラーメン屋で麺抜きを頼む人もいるのだとか。。。もはやラーメンじゃないですね。(^^;

でも、実はこれ、やりすぎると危険だそうですよ。

なぜかというと、脳のエネルギー源が糖質だから。

糖質を制限しすぎると、脳にエネルギーが行かなくなり、その影響で当然脳の働きは鈍くなるというわけです。

ただ鈍くなるだけではなく、脳細胞は加齢とともに減少するので、高齢になると、認知症やアルツハイマーの危険度が高まるのだそうです。怖いですね。

だから、脳の事を考えると、摂取カロリーの6割は糖質が良いそうです。

『痩せる』という一つの事だけを考えると極端な糖質制限は手っ取り早い方法ですが、一方では「脳に悪影響」という深刻な事態があるという事を考えないといけませんね。

何事もメリットとデメリットの二つを考えないと危険です。

ところで、先日、日米韓の高校生の間で、自分の体形に満足している割合を調査したところ、日本人が一番低かったという記事を見ました。

美意識も神様に似ていかないといけないかもしれませんね。

神様からいただいた大切な身体なのに、ゆがんだ美意識から体を壊してしまっては元も子もありません。

食べることも、制限することも、「度が過ぎるほど」は危険です。何事も適度にやって健康美を目指したいですね!

情報源☞認知症リスクをあげる過度な糖質制限