認識のズレ

今日は久しぶりに他教会を訪問してきました。

今日訪問した教会は約一年ぶりくらいでしたが、久しぶりに訪問するといろいろ変化していて驚くことが結構あります。

礼拝後、その教会のある男子メンバーに声をかけられました。その子は私の中では「元気いっぱいの男の子」というイメージのまま。でも、その子から「クララさん、僕もうすぐパパになるんですよ!」と言われた時は、ちょっと頭が混乱しました。(笑)

口では「ハレルヤ!良かったね!」と祝福の言葉を言いましたが、私の気持ちは「え?そうなの?もうそんな年???いつの間にか家庭局??」という思いの方が強くてなんだかキツネにつままれたような感じ。(苦笑)

まぁ、冷静に考えたらそれ相応の月日が経っているので当然なんですが、私の認識が昔のままだったからしっくりこなかったんですよね。

この時、自分の認識感が正しくないと、目の前の現実にも違和感を覚えるのだな、という事を悟りました。認識感がズレすぎると、最悪、現実を受け入れられない、という事も起こりかねませんよね。

時代はどんどん進んで日々変化しているのに、自分の中の認識感が変化しないと「あれ?こんなだったっけ?」と違和感が生じます。

今の時代、神様の導きに従って、様々な事に対する認識感もその都度更新させながら、神様の祝福を逃さず受けたいですね。