恋愛経験が豊富だと成長する?

今日の話は賛否両論あるかもしれませんが、反対派もいる覚悟でちょっと自論を展開してみたいと思います。

最近ちょっと小耳にはさんだおばちゃんたちの話より。

なんと、話題は同性愛。。。(^^;)

どうやら、そのおばちゃんの知り合いの知り合い(?)に男性同士の若いカップルがいるらしいです。10代後半か20代前半か、という感じ。

どうしてそうなったかというと、前に付き合ってた彼女か、付き合ってはいないけど告白したか、どちらかわからないけどとにかくその男子が思いっきり振られて大失恋した結果、女性は信じられなくなってしまい、男性にしか興味を示さなくなった、ということでした。

ここまで聞いた私はちょっと複雑な気分になりました。

うむ。。。やっぱり恋愛は早いうちにすると道を外れてしまうな~と。

今の時代、一般的には10代後半だったら彼氏・彼女がいるのが当たり前、という感覚ですよね。

でも、正直まだまだ10代だったら、恋愛に興味があるだけで、本質的には何もわかっていないし、無防備すぎて、それに伴う様々な事(失恋も含む)に耐えられるだけの精神力がないと思うんです。

だから、自己防衛的に様々な現象を引き起こしてしまうのだと思います。

牧会中、いろんな人と面談したんです。その経験から感じたことは、一般的には恋愛をたくさん経験した方が人間的に成長する、と言われてますけど、実際はその逆だな、と思ったんです。

一番感じたのは、義理人情の点。

「恋愛経験が豊富」という言葉を聞くと、いろんな人と恋愛をたくさんする、というイメージですよね。愛が多いというイメージ。勿論愛する経験も多いですが、でも同時に、経験の数だけ別れてるんですよ。

例えば、今はフリーだけど5人と付き合った経験がある、というなら5人と別れた経験があるということになります。

普通に考えて別れる経験って、つらい経験じゃないですか?

人ってつらい経験を重ねると、感覚が麻痺してきたり、自分の中での防御策ができてしまうらしく、恋愛経験の多い人ほど人を不信したり、人との別れを無情にするようになっているのを目の当たりにしました。

また、10代からず~っと一人の人と恋愛して20代半ばまで同棲していた子は、その相手の世界しか知りませんでした。その相手の世界から出たことがないから。だからむしろ幼かったです。

恋愛については、世の中では様々な意見があるとは思いますが、聖書的にも、私の経験上でも、やっぱり幼いうちから恋愛に陥るのは危険だな~と思います。

同性愛についても様々ありますけれど、おばちゃんの話から考えると、要因の一つに、精神が未熟な時に受けた「愛のキズ」がある事は確かのようです。

勿論霊的な要因も大きいです。

とにかく何をするにも、まずは神様と自分との一対一の関係で、ある程度霊・魂・肉が自立できるところまで成長することが何より大事です。

先にすべきことを先にしないとですね。