自ら積極的に!

私は今まで聖書の講義をたくさんしてきたのですが、なんとなく私の中では違和感のある習慣があります。

それは、講義の後「どうでしたか?」と私に聞いてくること。みんなが講義をした私の反応や見解を聞きたがるんです。

私としてはむしろ、聞いた側がどうだったかを知りたいのですが。。

特に、自分が伝道したい人を連れてきて講義を一緒に聞いた時、その人がどうだったかを講師や指導者に聞くんですよね。

それで、講師や指導者の見解を聞いてどうするか決めるわけです。これは私から見るとかなり非合理的。

そうじゃなくて、連れてきた人がどういう反応をしていたのか、自分がリサーチして講師に教えてくれることの方が大事じゃないかと思うんです。

基本的に、伝道は伝道者が主導権を握って導くのが一番いいのです。なぜかというと、一番身近に接していて誰よりもその人について知っているからです。

なのに、講師や牧師の反応でどうするかを決めるのはちょっとどうかなと思います。

だからと言って全て自分でやりなさいということではありません。自分がいろいろリサーチしてどういう導き方をしたらよいのかを相談したりお願いしたりすることは良いことです。でも、講師や牧師の顔色をうかがって言われたとおりにだけするのは違う、という意味です。

次の講義をどうするかもちゃんと作戦を練った方が良いです。

講師も、自分の見解を言う前に、自分の講義によって相手がどういう反応をしたのかを詳細に聞いて自分の講義を分析しないといけません。

聖書の講義というのは、自分なりにうまく講義しただけでは意味がないのです。相手の救いにつながっているのかどうか、相手が聖霊の感動を受けているのかどうかが一番大事です。

講義案通りにすれば良いのではなく、ただ正確であればよいのではありません。勿論間違ったことを教えてはいけませんが、細かい事を気にするよりは、相手に霊的な変化をもたらす講義になっているのかをよく研究しないといけません。

まずは、どういう言い方や表現の仕方が相手に良く受け入れられるのか、ということからですかね。霊的な言葉は慣れてない人には難しく感じるからです。

分かりやすい講義というのは講師の中では基本です。

あれこれまたウンチクを垂れてしまいましたが、伝道も講義も方法を固定するのではなく、自分でいろんなやり方をトライしていってほしいなと思います。

講義は実際に講義しないと磨かれません。練習ばかりはダメです。メンバーに講義をしてもそれは練習でしかありません。何も知らない人に講義して初めて講義をしたと言えます。

神様も、救いの仕事に対して積極的な人を助け、応援してくださいます。しり込みしないで積極的にトライしてみてくださいね。