神秘の傑作!

昨日福島県のあぶくま洞に行ってきました!

ありきたりの表現ですが、すごく良かったです!
写真を撮りましたが、写真を見ても現地で見たのとどうしても違ってしまいます。
やはり何でも直接見ないとわかりませんね。

最初は、普通の洞窟探検みたいで、低いところを這うようにしてくぐったり、狭いところを身体を横にしてすり抜けたり、それはそれで面白かったんですが、いつ鍾乳石が現れるんだろう?と思っていました。
ところが、ある地点まで来たら急に中がホールのようにパッと開けて凄い景色が広がってたんです!

そこから先は、もう目を奪われるばかり。
人間業じゃない幻想的で神秘的な神様の作品世界に思い切り浸ってしまいました。

もう人間が作った遊園地なんて比べ物になりません!
神様が創ってくださった最高のアトラクションです!
スケールが違います!

鍾乳石の成長の速さは気候などによって地域差があるそうですが、日本ではだいたい70年で1cmくらい成長するそうです。
気が遠くなるような凄い年月かけて作られているのがわかります。

福島県なので、東日本大震災の時どうだったのか聞いてくれた人がいたんですが、その時は、手すりなど人口のものは崩れたけど鍾乳石自体は大丈夫だったそうです。
やはり神様のものは神様が管理しておられるんですね。

話したいことはたくさんあるのですが、ここでは書ききれません。
今は、神様の美しくて神秘的で雄大な作品に、ただただ『ハレルヤ!』と言いたいですき
以下、一部ご紹介。(^^)

ない恵み

摂理にいると感謝することがいろいろあるけれど、最近、世の中の文化を切ることにもがいている若者を見ながら感謝したことがある。

それは自分が幼い時最新技術の恩恵に預からなかったこと。
つまり、TVゲームやスマホ世代じゃないということ。

実は、何を隠そう、インターネット使い始めたのは牧会者になってから。
携帯を使い出したのも牧会者になってから。

なぜそうなったか?
答えは簡単!
なかったから!

TVゲームに関しては、いつからあったかは覚えてない。
少なくとも、私が小学生の時はなかった。
高校時代にはあったと思うけど、部活が忙しくてそんなものをする暇がなかった。
というわけで、TVゲームも人生で一度もしたことがない。

携帯を手にしてないと落ち着かないという人が増えてるそうだけど、多分私自身は一週間なくても平気。
ただ、使命上相手が困るだろうと思うから持ってるだけ。(^^;

実はディズニーランドも小中学生の時はなかった。
初めて行ったのはやはり牧会者になってから。

何事も子供の頃に行かない&しなければ習慣にはならないから切る必要もない。

だから私は恵まれてるな、と思う。(^^)